読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

市川大祐選手の引退。

清水エスパルス

まさひとです。こんにちは。相変わらず私はずっと仕事も生活も忙しくバタバタしていて、山登りから離れています。仕方ないとはいえ、ちょっと悲しいです。本来このブログは山登りが中心なのですが、しばらくは山登り以外のネタが続きそうです。

 

 

 

さてさて、まず。2016年の10月にヴァンラーレ八戸より、市川大祐(いちかわだいすけ)選手が2016年度をもって現役を引退する、と発表されました。

 

正直に言うと、世間一般では市川大祐選手が果たしてどれほど有名なのか、あるいは残念ながらほとんど知られていないものなのか、私にはよく分からないのですが。清水エスパルスの右サイドで長くレギュラーを務めた、背番号25番の選手です。日本代表にも選ばれて、合計で10試合に出場しています。

 

清水エスパルスには、沢登正朗から伊東輝悦に斎藤俊秀などなど、それぞれの時代を象徴してきた選手たちが数多くいますけれど。市川大祐選手もそういう伝説的な選手のひとりであり、個人的な話をすると、私のスターでした。

 

 

 

また、引退して2017年2/1以降には、清水エスパルスで普及部スタッフへ就任することも清水エスパルスより発表されました。いちおうウィキのリンクも貼っておきます。

市川大祐 - Wikipedia 

 

f:id:masahito0989:20170123164909j:plain

 (この写真は、以下の清水エスパルス公式サイトよりお借りしました。)

 

www.s-pulse.co.jp

 

市川大祐選手からのメッセージも、リンクを貼っておきます。

m.s-pulsemobile.mopita.com

 

 

 

ひとつ、個人的な思い出を書きます。もう、はるかに昔の2000年の8/5ですが、日本平スタジアムにて行われたガンバ大阪との対戦を、私はスタジアムで観戦&応援していました。この試合で市川大祐選手は、後半の71分から沢登正朗選手と交替して入ります。試合は1対1の同点のまま延長戦になります。

試合詳細 2000年J1s第8節 清水エスパルス 対 ガンバ大阪 | FootballGEIST

 

この時期の清水エスパルスは、弱くはないけれどチームの歯車がうまく噛み合っていなくて、何をどうしたいのかが伝わってこない印象でした。選手たちのイライラと、観客のがっかりした感情がスタジアムに満ちていた気がします。その不調の原因のひとつとしては、市川大祐選手がオーバーワークおよび過労のためにチームを離れていて、右サイドや中盤における幾つかの人や戦術とか約束事を変えざるをえなかった影響があります。

 

 

 

この試合ですが、延長戦の、記録では97分となっているから7分目でしょうか、左サイドから上げられたクロスを市川大祐選手がヘッディングゴールを決めて、2対1で勝ちました。スタジアム全体が、ゴールの直前に総立ちになって、ゴールが決まると爆発したかのようでした。

 

決勝点のゴールを決めた瞬間に、市川大祐選手は、エスパルス側の応援席の前へと飛び込んできまして。何か大声で叫びながらガッツポーズを繰り返し、選手たちスタッフたちに囲まれて大泣きしていました。私のすぐ、ほんの目の前で。何て派手な復活だろうと思ったものですし、清水エスパルス市川大祐選手もこのままズルズルと終わるわけじゃないって思いました。

 

 

 

 市川大祐選手については、多くの記事があります。オススメを幾つかリンクを貼っておきます。

 

r.gnavi.co.jp

 

 

r.gnavi.co.jp

 

 

news.livedoor.com

 

 

 

それから、ちょっと表現の難しいことを思い浮かぶままに書きます。

 

 

 

何かと言えば、つまり。市川大祐選手がサッカー選手として本当に幸せだったのか、正直なところ私にはよく分からないままでいるのです。もちろん市川大祐選手が、巨大な才能に恵まれていた事は間違いありません。巨大な才能に恵まれなければ、高校生でありながら清水エスパルスのプロ選手となるなんて考えられませんし。また、このたびの引退までで公式戦へ出場した時間が合計で39318分間にもなる、なんてことも巨大な才能に恵まれなければ決してありえません。

 

更に言うと。日本代表に選ばれて10試合に出場するなどという話は、どれだけ巨大な才能に恵まれたとしても、それだけではなくて。本人も非常に努力をして、なおかつ天の運にも人の運にも恵まれなければ、あるはずもないです。

Jリーグ選手情報・出場記録 市川 大祐 | FootballGEIST

 

 

 

そんな市川大祐選手でも、サッカー選手として果たして本当に幸せだったのかどうか、このたびの引退の話をうけて、いま私は良く分からない気がしています。

 

 

 

日本代表にも何回か選ばれて10試合に出場したけれど、市川大祐選手は日本代表のレギュラーという存在にはなれなくて。選手としての後半は、怪我と手術とリハビリが続き、短期間であちこちのチームに移籍していますから。おそらくはサッカー選手として不本意なパフォーマンスに留まっていたのだろう、と私は理解しています。

 

市川大祐選手は、後半の怪我や手術とかリハビリがこれだけ続かなければ、所属チームや日本代表でも活躍がもっと出来てもおかしくなかったですし。収入という意味だけでなく、人との出会いや練習の環境などでももっと幸せなサッカー人生を送る事だって出来たのかも知れない、と思います。

 

 

 

とはいえ。どれだけ練習して頑張っている中学生や高校生でも、プロのサッカー選手になることは、一般的にはほとんど、まず、ありえない進路ですから。そもそもプロになることが出来ただけでも非常に恵まれているだろう、とも思いますし。プロになったといっても決して少なくない数の選手は、出場も報道もないまま20代のどこかで契約を終了していますから。こうやって30代の半ばまで現役を続けることが出来たら、更には引退のセレモニーをやってもらえるなんて、もう充分に恵まれているのかなとも思います。

 

結局のところ、いつどこのチームへ所属するのが本当は良かったのか悪かったのか、更に言えば怪我とか手術そしてリハビリでも、いつどこで何をどうしていたらもっと幸せだったのかなんて、誰にも分からないことです。市川大祐選手だけに限らず、誰でもです。

 

 

 

市川大祐選手が、サッカーの選手として引退を迎えた時に、果たして幸せだったのかどうかは誰にも分からない話なのだろう、と私は思います。でも、少なくとも私は市川大祐というサッカー選手に出会えて、とても幸せでした。たくさんの感動と、ワクワクドキドキがありました。

 

 

 

市川大祐選手は、巨大な才能にも恵まれていたけれど、それはそれとして努力だって半端無く続けてきたわけで。だったら私も、せめて市川大祐選手が続けて来た努力の半分でもやらなくちゃ話が始まらないだろうと、繰り返し思いました。また更に言えば市川大祐選手は、人との出会いを大切にしてきたからこそ、こうして多くのひとから敬愛される今の市川大祐選手へと成長してきた面だってあると思います。

 

誰だって、うまくいく時ばかりではありませんが。つらく、悲しくて心が冷えた時に、よく私は市川大祐選手の復活ゴールを思い出しては、自分の心を温めたものでした。

 

 

 

スターという言葉には、有名人とか、夜空の星とか、幾つかの意味がありますが。運命、という意味もあります。

 

だから、選ばれたスターはまるで夜空に光る星のように、引退してからも消えてしまうことは無い運命なのかなと思います。そして市川大祐という選手が放った輝きは、これからも私の中で消えたり色あせることは無いです。

2016年の12/25に、青笹山へ登りました。

山登り

まさひとです。こんにちは。

 

 

 

毎日寒いですね。年末も年始も私は、仕事とか家事とか挨拶回りにお葬式まで入ってバタバタと忙しく、しかし体調もずっと冴えなくて風邪っぽいままでいます。

 

いや、まあ。ずっと私は静岡県内だけで生活してきた訳で、北日本とか北陸などの豪雪地帯で生活している人の感覚からすると、これくらいで寒いとか文句を言うなんて良くないのかも知れませんが。静岡県は比較的温かいところだと言っても、だからこそかな、もともと静岡県の住宅は、断熱をあんまり重視していない物件が多いですから。という訳で、冬になると静岡県の住宅内の温度は、北日本の住宅内の温度よりも、たぶん寒いです。暖房が無いと、家の中でもコートを着て手袋をするくらい。

 

 

  

さて、昨年末の12/25ですが。私は所属会のKさんMさんと3人で、静岡市内にある青笹山(あおざさやま、または単に「青笹」 1550m)へ登りました。

 

元々の計画では、清水区内の大平から往復するつもりでした。しかし、どうにも私の体調が悪かったのです。それで、朝集まった時に相談して、急遽、静岡側の葵高原から青笹へ登ろうと決まりました。清水区の大平から登ると、どうしても標高差が1000メートル近くありますが、静岡側の葵高原から登るのなら、標高差は650メートルほどで済みますし、ルートも幾つかありますから。

 

先輩は、もうずっと前にブログをアップしています。

静岡の山と渓 歩き納め

 

 

 

葵高原からスタートが7:40ぐらいで、幾つかルートがありますが、私の体調が悪いのでとりあえず真っ直ぐ頂上へ登りました。

f:id:masahito0989:20161225074633j:plain

 

 

 

なかなか素敵な森が広がっています。この写真のあたりに氷室がありますが、こんな時期だから中は空でした。

f:id:masahito0989:20161225083255j:plain

 

 

 

ずっと登って行くと、写真の真ん中あたりですが山が白くなっていて、霧氷(むひょう)でした。ほんのちょっとはともかく、これほどに大規模な霧氷を見るのは私も初めてでした。先輩たちが、山の上に霧がかかっていると気にしていましたが、こういう訳でした。

霧氷 - Wikipedia

f:id:masahito0989:20161225093822j:plain

 

 

 

主稜線に近い、標高だと1450mを越えるあたりかな?ぐらいから山の広い範囲で霧氷が付いています。

f:id:masahito0989:20161225095539j:plain

 

 

 

光が当たると、こんなふうになります。キラキラ輝いています。

f:id:masahito0989:20161225100106j:plain

 

 

 

水分を多く含んだ空気が、零度以下に冷えている山へ続けて当たると、山の樹木の風上側に結露して凍りつく、という理解で正しいのかな?過冷却というらしいです。当日は、稜線の安倍川の側だけ、私たちの登って来た側にだけ霧氷が付いています。

f:id:masahito0989:20161225100309j:plain

 

 

 

私のコメントよりも、写真の方がずっと価値があると思いました。

f:id:masahito0989:20161225100357j:plain

 

 

 

もともとは、眺望を期待して青笹へきましたが。時々雲が切れるぐらいで、眺望としては期待外れになりました。まあ、仕方ない。

f:id:masahito0989:20161225100404j:plain

 

 

 

うむ。何もコメントはありません。

f:id:masahito0989:20161225100635j:plain

 

 

 

もう一枚。

f:id:masahito0989:20161225100645j:plain

 

 

 

頂上には10:40ぐらいの到着でした。景色は素晴らしいけれど、体調が冴えなくて、しかも風が冷たいです。

f:id:masahito0989:20161225104215j:plain

 

 

 

風が吹くたびに木々から、ザザーっと、ババーっと、氷が飛ばされていきます。まるで桜の花が散るようでした。

f:id:masahito0989:20161225104438j:plain

 

 

 

何というか、コメントの書きようもありません。

f:id:masahito0989:20161225104533j:plain

 

 

 

うむ。

f:id:masahito0989:20161225105426j:plain

 

 

 

もう一枚。

f:id:masahito0989:20161225105430j:plain

 

 

 

さらに一枚。

f:id:masahito0989:20161225105827j:plain

 

 

 

静岡市内の標高1500mだとは思えない景色です。

f:id:masahito0989:20161225111231j:plain

 

 

 

さて。寒いし、風が冷たいし、体調が冴えないので直ぐに下ります。頂上から稜線を北へ向かって進みます。

f:id:masahito0989:20161225112731j:plain

 

 

 

11:35ぐらいに細島峠へ到着です。この先にある地蔵峠から登り下りするほうが一般的だろうと思いますが、私の体力を考えて、もうここ細島峠から駐車場があるほうへ下ります。ここから清水の側へ下るルートも、それなりに踏まれているみたいで、いつか私も行ってみたいです。

f:id:masahito0989:20161225113616j:plain

 

 

 

という訳で私はおそらく初めて、細島峠から葵高原の駐車場まで戻りましたが。この、細島峠から葵高原まで下るルートは岩がちなガラガラで、私は完全にバテていました。しかしふたりの先輩は今回もルートの整備をしながら下っていて、しかも私より早くてずっと元気そうでした。

f:id:masahito0989:20161225114547j:plain

 

 

 

駐車場には13:10ぐらいに到着していますが、けっこう疲れました。あとは「うつろぎ」に寄り道して、温かい天おろし蕎麦を頂き、山葵漬けを買って帰りました。

わさび栽培発祥の地 有東木『うつろぎ』

f:id:masahito0989:20161225135236j:plain

 

 

 

以下は、感想ですが。

 

 

 

私は、スキーもスケートもスノーボードもそり遊びも、ほぼ全くやった事がありません。行きたいと思った事もありません。 

 

そして、所属会の方々は毎年冬になると、あちこち雪の山へ登りに行っていますが。私にはアイゼンやピッケルとか雪の山で使う道具は無いですし、道具は借りるとしても、そもそも雪の山で使う前提の専用の靴がありません。行く予定もありませんし、道具を買う予定もありません。現状の私には、海外旅行とか高級車と同じく、縁のない世界だと思っています。

 

 

 

だけど、そんな私が見ても、このたびの青笹ですが、霧氷はとびっきり素敵でした。寒い時期に高い山って、私は、ほぼ全く登った事が無いけれど。これはこれで、素敵な世界だなと思いました。

 

今すぐに、とは、とても言えないけれど。状況が許す範囲で、お金と時間がかからないなら、寒い時期にちょっとだけ高い山に登るのも、ひょっとしたら良いんじゃないかと、本日の青笹の霧氷を見てきて、こんな私も思いました。体調はイマイチだったけど、素晴らしく綺麗で、楽しかった。