5/5に、貫ヶ岳へ登りました。

まさひとです。こんにちは。

 

 

 

 

世の中は7/13から7/15まで3連休ですが、梅雨前線が日本の南に停滞しています。こちら静岡県内も雨が続いていて、この時期にしてはけっこう寒いです。山登りに限らず、お出かけするには向いていませんね。そんななかの7/13土曜日ですが私は奥さんとふたりで、3月末に亡くなった私の身内の、初盆の法要と食事会へ行きました。

 

雨はそこまで強く無くて、暑さも日差しもなく、法要と食事会は問題なく終わっています。関係されたかたがたに感謝します。

 

 

 

個人的には今回、法要が終わってから和尚さまと少しだけ話が出来て、それが良かったですね。

 

そうだなあ。ここ10年間でこのお寺は、本堂をはじめ色々と立て替えたり改修されたのですが。本堂の照明はほぼ全てをLEDに切り替えたとか、駐車場からお墓までは車椅子のかたでも行けるように改修したとか、本堂は座布団に正座するのではなく椅子へ切り替えたとか、エアコンが床の下へ見えないところへ設置したとか、などなど。大きな地震に備えて、屋根は従来の重たい和瓦では無く、軽い素材で出来ていながら和瓦みたいに見えるもので葺いてあるそうです。

 

あと、和尚さまとしては、車椅子のかたでも使えるようなトイレを設置したかったとか、ハンデがあるかたでも本堂に上がれるようにも、出来るのならしたかったのだと話されていました。私は建築の業界の末端にいますが、つまり、こういうお寺みたいな伝統の長い業界でさえも、時代は進歩しているのだなと思いました。

 

 

 

 

さて。5/5ですが私は所属会のかたがた6人と一緒に、静岡市清水区にある貫ヶ岳(かんがだけ 897.3m)へ登りました。

 

今年のゴールデンウィークは、私の勤務先も10連休でした。とはいえお茶刈りの手伝いとか他にも用事が色々あり、さらに天候も不安定でした。行きたい気持ちは十分にあるけど、見通しが厳しい感じでした。そんなこんなで山登りは、5/5の日帰りだったら天気も都合も何とかなりそうでした。で。どこへ行こうかと相談して、車とかやり繰りを考えて、今回の貫ヶ岳に登ってから西里温泉に入ろうよ、と計画がまとまりました。

 

それから静岡市清水区に住んでいる山登り仲間に、Kくんがいます。Kくんはあちこちの高いところや有名な山に登っていて、さらにクライミングも沢も雪もやっているのですが。そのKくんが何と、地元の清水区にある山にはほとんど登ったことが無いと言いまして。私は非常にびっくりしました。だから今回は、「Kくんと一緒に清水区で山登りをする」企画の第1回目でもあります。

 

 

 

 

当日のGPS記録はこちらです。

樽〜平治の段〜貫ヶ岳 - 2019年05月05日 [登山・山行記録] - ヤマレコ

 

一緒に登ったK先輩は、もう、ずっと前にブログをアップしています。

静岡の山と渓 平治ノ段

 

 

 

 

では、写真を見ていきましょう。

 

 

 

 

清水区内の樽という集落のいちばん奥ですが、8時過ぎからスタートします。ちょうど新茶の時期だから、車を置くスペースがあるのか心配でしたが、何とかなりそう。

f:id:masahito0989:20190505080253j:plain

 

 

 

スタートしてしばらくは樽川の流れに沿って歩きます。そして国土地理院の地図に示された点線とは違う、もうひとつ西側の沢を詰めていきます。このところ雨ばっかりだったので、沢はどこも水の量が多かった。

f:id:masahito0989:20190505083041j:plain

 

 

 

ヒュッテ樽に着きました。個人が所有&維持されている山小屋ですが、お願いすれば使えると言う話です。中も綺麗でした。

f:id:masahito0989:20190505085345j:plain

 

 

 

新緑が鮮やかです。このあたりはヒルの多い地域だから、いつもなら来るのは寒くなってからですが。春は春で素敵です。

f:id:masahito0989:20190505093112j:plain

 

 

 

樽峠には9時半に着きました。樽峠から西側へ登ると高ドッキョーがあり、そちらの方がずっと多くの登山者がきますが。今回の私たちは樽峠から東側にある平治の段へと登ります。

f:id:masahito0989:20190505100108j:plain

 

 

 

樽峠から平治の段までの登りは、ほとんどが階段になっています。体力のある人たちはあっという間に登って行きますが、私は焦らずぼちぼち登ります。階段が終わるぐらいですが、ほんの少し、南アルプスが見えました。

f:id:masahito0989:20190505101427j:plain

 

 

 

このあたりは、もちろん植林も多いのですが、自然林もそれなりに多くて、だから新緑が鮮やかでした。ミツバツツジがちょっと咲き残っていました。他にはスミレがあちこちでいっぱい咲いていました。

f:id:masahito0989:20190505102610j:plain

 

 

 

平治の段へと着きました。たぶん名前の由来は、ここの展望台では無くて、西側の一段下がった広くて平らなところから来ているのではないかな。

f:id:masahito0989:20190505105158j:plain

 

 

 

十国展望台を通過します。富士山にかかった雲は、もう待っていてもたぶん外れないと思います。富士山とかの良い写真を撮りたいのなら、8時ぐらいまでが勝負だと思います。

f:id:masahito0989:20190505105807j:plain

 

 

 

今回の貫ヶ岳へ向かった人たちはみんな元気ですね。私がいちばんへたばっていました。平治の段から貫ヶ岳までは、確かに稜線歩きなんですが、それなりに登ったり下ったりが連続します。ひとつひとつはともかく、累積ではけっこうこたえます。

f:id:masahito0989:20190505111101j:plain

 

 

 

沢登山口からのルートの分岐点を通過します。こっちのルートも行ってみたいですが、傾斜がきつそうですね。

f:id:masahito0989:20190505113723j:plain

 

 

 

12時ちょっと前ですが、貫ヶ岳の頂上へ到着しました。貫ヶ岳の先にもルートはまだ伸びていまして、どこへつながっているのかと思います。みなさま元気です。私がいちばん疲れていたかな。

f:id:masahito0989:20190505115915j:plain

 

 

 

時間も時間ですし、距離も長いので、ほどほどに帰るとしましょう。貫ヶ岳は5年ぐらい前にも来ていますが、季節も違いますし、印象は新鮮でした。登ったことがある山でも、5年ぐらい間をあけて別の季節に登ってみるのも、それはそれで良いものだなと思います。

f:id:masahito0989:20190505124849j:plain

 

 

 

平治の段を13時半に通過します。確かこの辺りで、私は倒木を1本処理しています。だいだいいつも私は、のこぎりとかピンクテープとか持ち歩いています。樽峠には14時10分ぐらいに到着しました。

f:id:masahito0989:20190505134747j:plain

 

 

 

樽峠とか、この辺りへ来るひとたちは、ほとんどが高ドッキョーまでを往復していまして。平治の段とか貫ヶ岳へ向かうひとは、いなくはないけれど、とっても少ないです。平治の段は眺めとか、素敵なんだけど。15時ぐらいに私たちは駐車場へゴールしています。

f:id:masahito0989:20190505143436j:plain

 

 

 

終わってから私たちは、やませみの湯に寄って解散しました。

(公式)静岡市営天然温泉やませみの湯 - (公式)静岡市営天然温泉 やませみの湯

 

 

 

 

今回も感想を4点挙げておきます。

 

 

 

 

①何とかやり繰りして、山登りが出来て良かったです。確かに世の中で今年のゴールデンウィークは、10連休なのですが。山登りをやるには、特に天気がどうにも向いていなかった。

 

結局は5/5の日帰りで山登りを1回やっただけですが。とはいえ全く山登りをやらないままで終わるかも、と思っていましたからね。

 

 

 

②何となくこの貫ヶ岳は、植林ばっかりだったような気がしていましたが。今回こうやって登ってみたら自然林も大きくて、だから新緑が鮮やかでした。

 

 

 

③写真を撮っている私のiphone7ですが、どうやらカメラのレンズに何かあったらしく、写真の右側が白くなってしまいまして。その点は残念です。

 

 

 

④あと。もう、ヒルが出てきました。私や他のひとの靴や服に着いてきました。きもちわるーい。

 

2/24に、白水山へ登りました。

まさひとです。こんにちは。

 

 

 

 

3月末に亡くなっている私の身内ですが、四十九日の法要と納骨までが終わりました。諸々の手続きも、ひとつづつ進めているところです。この先ですが、初盆と一周忌が予定されてます。

 

まあ、法要はやりますが。既に亡くなったひとのために、今を生きているひとたちが、あんまり無理するのもどうかと思っていまして。私を含めた5人とかだけが参加すれば、とりあえず法要として十分ではないか、とも思います。

 

 

 

それから一般論として、こういう行事には食事というか宴会が付きものだ、とは私も理解していますが。しかし、ちゃんとした食事というか宴会は1回だけやれば十分ではないか、とも思います。時間もお金も手間も体力も、限られた資源のなかでやり繰りするのだから。

 

故人や、その法要を軽く考えているわけではないけれど。しかし法要のあとの食事と言うか宴会は、けっこう負担が大きいので。私は身内の中心のひとりだから全てに必ず参加して当然、みたいな言い方はやめてほしいし。他の家というか世間の目を気にし過ぎるのもどうかと思います。ほどほどで割りきってほしいです。

 

 

 

 

さて。2/24に私は所属会のかたがた6人と一緒に、白水山(しろみずやま)へ登りました。場所は静岡県の旧芝川町で、いわゆる毛無山塊の南端にあるピークです。標高は811.8m。新稲子川温泉ユートリオへ車を置いて山登りするのが一般的かと思います。

 

仕事とか色々な用事に追われて、2月は山登りに行けないまま終わってしまいそうでした。それはちょっと残念だなと、何とかどこかへ行けないものかとK先輩に相談したところ、2/24に白水山だったら行けるだろうと相談がまとまりました。

 

当日のGPS記録はこちらです。

白水山 - 2019年02月24日 [登山・山行記録] - ヤマレコ

 

一緒に登ったK先輩は、もうずっと前にブログをアップしています。

静岡の山と渓 5年振りの白水山

 

 

 

 

では、写真を見て行きましょう。

 

 

 

 

ユートリオの駐車場へ車を置かせてもらって、登山口まで街道をぶらぶらと歩きます。上稲子八幡宮に寄り道して、山登りの安全をお祈りします。この辺りのあちこちで梅の花が咲いていました。

f:id:masahito0989:20190224084244j:plain

 

 

 

地蔵堂、というところから登り始めます。5年前かな、に来た時は無かった案内が建てられています。ここのルートを整備されている方々に感謝です。

f:id:masahito0989:20190224092306j:plain

 

 

 

大和田という、元は集落があったところです。おそらく今では誰も住んでいないっぽい。山奥にある集落は、どこも過疎化というか限界化が進んでいるなあ、と思います。

f:id:masahito0989:20190224095336j:plain

 

 

 

白水山は、延々と植林ばっかりが続きます。イマイチ人気が高まらない理由のひとつは、この植林にもあると思います。とはいえ植林としては、ここはわりと良く手入れがされている方だと思います。

f:id:masahito0989:20190224101205j:plain

 

 

 

植林が途切れてガードレールが見えてくると、石神峠へ到着です。急ぐ訳でもないので、ここでも休憩です。峠の周りには、お地蔵様か馬頭観音かな、それに石碑などが幾つも建てられていました。

f:id:masahito0989:20190224102736j:plain

 

 

 

石神峠を出て少し登ると、第一展望台に着きます。白水山はあんまり展望が無いので、こういうちょっとの展望でも有難いです。この辺りは今は植林ばっかりですが、炭焼き釜の跡がありますから、ちょっと前までは広葉樹林だったのでしょう。

f:id:masahito0989:20190224105102j:plain

 

 

 

倒木が本来のルートを塞いでいます。迂回路にピンクテープを付けて、どこにルートがあるのか分かるようにします。ルートを外れて、あちこちに踏み跡が付くのは、いろいろな意味で好ましくないと思うのです。

f:id:masahito0989:20190224111503j:plain

 

 

 

ガレの淵まで登ると、白水山の西側に続く山々が見えます。ベンチもありますし、またここでしばらく休憩です。北西の側には手前に思親山があり、その奥には七面山があります。南西の側には手前に篠井山があり、その奥には安倍川沿いの山々が見えます。

f:id:masahito0989:20190224113718j:plain

 

 

 

12時ぐらいに白水山の頂上へと到着しました。標高は811.8mです。かつては植林ばっかりで何も眺望がありませんでしたが、今は富士山が見える様に刈り払われています。頂上からは幾つかの尾根やルートが伸びていますから、下りる時には方角に注意してください。

f:id:masahito0989:20190224121044j:plain

 

 

 

頂上でも休憩しましたが、そこから一段下がったところの展望が良いので、こちらでも休憩しています。東側の富士山とか毛無山などが見えます。

f:id:masahito0989:20190224124003j:plain

 

 

 

下山をはじめてしばらく行くと、倒木が稜線上のルートを塞いでいました。念のために持ってきたのこぎりの出番がありました。邪魔な枝葉を切り落として、幹は太いから私たちの手に負えませんが、これでしばらくのあいだは何とか通行ができると思います。

f:id:masahito0989:20190224125000j:plain

 

 

 

ずっと稜線上にあるルートを下ってくると、ここの鞍部に出ます。直進は出来ない様にロープで止めてあって、ユートリオにはここから東側へ向かう様に示されています。では指示に従って、私たちもユートリオへ向かいます。

f:id:masahito0989:20190224130712j:plain




はるか昔に登った時と、途中からルートが変わっていました。たしか昔は人家の軒先みたいなところに下りた気がします。無事に下りてきて、白水山は地元にある静かな里山ですが、これはこれでなかなか楽しかった。

f:id:masahito0989:20190224141837j:plain

 

 

 

このあと私たちは佐野川温泉へ寄り道して、解散しています(この時期のユートリオは改修工事中でお休みしていました)。佐野川温泉は、まあ、その、いわゆる愛想は無いんだけど、温泉そのものの質は良いから、個人的には気にいってます。

 

佐野川温泉

山梨県南部町井出3482-1

0556-67-3216

 

 

 

 

以下、今回も感想を四点挙げておきます。

 

 

 


①白水山は植林ばっかりで、眺望も季節感もあんまり無いところです。山登りとしては人気も無く、実際とっても静かです。でもこうやって登ってみると、山としては距離も標高差も場所も悪くないと思います。終わってから、普通ならユートリオで温泉に入ることも含めて。

 

 


②花なんて全く無いだろうと思っていましたが。実はこんなに梅がいっぱい咲いているなんて、思いもしませんでした。

 

 


③お試しで、今回初めて参加された女性がいました。まずまず楽しんでもらえたみたいで、良かった。

 

個人もグループも、それぞれに方向性がありますから。なるべく方向性が合致したところに所属していると、ひとりだけで山登りに行くよりも安全安心で、レベルアップして、何より楽しいだろうと思います。

 

 


④今回の山登りで一番の負担は、猛烈に飛んでいる花粉でした。花粉だけはひどかった。